時間になったらブックを開いてマクロを実行【寝坊対策】

タイトルから、僕の今日のサボりの原因がバレてしまいそうですが(笑
指定した時刻になったら、ファイルを開いて実行するマクロを作ります。

ボタン一発押すだけなんだし、寝坊しなきゃいいだけの話なんだけど。
今日みたいな思いは絶対にしたくないもん。
ストラテジーが増えたら、どっちにしろ必須になるだろうし。

OnTimeメソッド

onTimeメソッドの使い方は簡単です。
あまり使ったことはないけど(笑

Application.OnTime EarliestTime:= _
TimeValue(“8:50“), Procedure:=”実行するマクロ

基本的な構文はこんな感じ。
太文字の時刻と実行したいマクロ(プロシージャ名)を代えればOK。

 icon-check-square-o サンプルマクロ

Sub Auto_Open()
    Application.OnTime EarliestTime:= _
    TimeValue("8:50"), Procedure:="実行するマクロ"
End Sub


Sub 実行するマクロ()
    MsgBox ("まだ寝てるの!?" & vbCrLf & "ダウが大幅安よ。")
End Sub

簡単にコードを解説します。

標準モジュールにAuto_Openという名のプロシージャ名をつけることで、Excelのファイルを開いたときにマクロを自動的に実行してくれます。
標準モジュールではなく、ThisWorkbookにWorkbook_Openというプロシージャを記述する方法もあります。

Excelのファイルを開いてから、マクロを実行しないでもOK。
Excelファイルを開きっぱなしのまま寝ればいい。
これで安心して寝坊できます。

えっ?パソコンつけっぱなしだと電気代がもったいない?
朝、自動でパソコンも立ち上げたい?

BIOSっていう設定で、割と簡単にできるけど…
それくらいは自分でしなさい!

まあ、スマホから遠隔でパソコンの電源を立ち上げられたら、すごく便利そうなのだけれども。
これは有線LANだと、かなりハードルが高くて挫折しました。

無線LANだと簡単っぽいんですけどね。
まあ、簡単に遠隔で操作できるようだとセキュリティー面でも心配か…

あと、vbCrLfはMsgBox内で改行するコードです。
知らない人も多いと思います、それはあまり使わないから(笑

Workbooks.Open

話しが少しそれてしまいましたので、次に進みます。

指定時刻になったらマクロを実行するファイルと、売買サインやら発注をするファイルを別にしたいときがありますよね。
そんなときは、Workbooks.Openメソッドを使って、指定したブックを開きます。

Workbooks.Open “場所:ブック名.xlsm”

場所はドライブ名など。あとはブック名と拡張子を指定します。
ちなみにExcelの場合、ファイル=ブックと覚えておいて大丈夫っぽいです。

Excelファイルの上にマウスカーソルを合わせて右クリック ⇒ プロパティで場所とブック名の確認はできます。

 icon-check-square-o サンプルマクロ
Sub Auto_Open()
Application.OnTime EarliestTime:= _
TimeValue(“0:38″), Procedure:=”実行するマクロ”
End Sub

Sub 実行するマクロ()
Workbooks.Open “C:\Users\PCUser\Desktop\test.xlsm”

Workbooks(“test.xlsm”).Activate
End Sub

ロング・ショート戦略の限界から新たな武器探し【イベント・ドリブン戦略】

モメンタム戦略

016818

ロング・ショート戦略一本ではやはり厳しいので、新たな武器を探すことにしました。

もちろん、ロング・ショート戦略がもうダメってわけじゃないですよ。
僕のお粗末なモデルでも、一応プラスの収支を出せてはいるし、改善の余地はいくらでもある。

時間軸やアセットクラスを変えることで、今のモデルと相関の低いモデルを作ることも可能だと思う。

でもね、ロング・ショート戦略にもレラティブバリュー型やマーケットニュートラル型など、いくつかの種類があるんけど。
結局は、割安を買って、割高を売るってことに変わりはない。

割安、割高をどういう基準で判断するかで運用成績もガラリと変わるし、モメンタム型(強い銘柄を買って、弱い銘柄を売る)という戦略もあると思うんだけど、僕はモメンタム型の戦略を完成させることはできなかった。

それなりに時間を割いて検証したときもあったんですけどね。
納得いくレベルの検証結果は出ず、運用に至るまでにはいかなかった。

その理由の一つとして、モメンタムが発生するには触媒(イベント)が必要なため、今のモデルと違ってトレードの機会が圧倒的に少ないから。

トレードの機会が少ないということは、再現性が低い可能性が高い。
何故そうなるのか?という根拠、演繹的推論がしっかりとしていれば問題ないはずだけど、ファンダメンタルに疎い僕にその自信はなかった。

後知恵バイアスによるこじつけと、数値合わせによるカーブフィッティングになってしまいそうだ。

うむ、久々に真面目に相場のことを書いている気がする(笑

自分が従えるシステム byエド・スィーコータ

048368

タイトルにイベント・ドリブン戦略と書いたけど、別に戦略は何でもいいです。
ただ、数あるヘッジファンドの手法の中でも、イベント・ドリブン的なものが模倣しやすい、かつ今の自分に合ってるかな?と思っただけです。

企業の買収や合併による株価の歪みだけでなく、狙えるイベントは何でも狙います。

たぶん、参考にする方は夕凪さん。
ブログを片っ端から読み漁ってみます、まだブログがあればだけど。

もう古い?
劣化してライバルが減った手法をリサイクルするのは大好きです。

僕の理想としては、慌てずゆっくりトレードできること。

バタバタしたり、コンマ何秒を争うトレードは嫌。
瞬間的な判断を要するものもダメ。

理想は寄り引けとか、一泊二日とか。
夜にのんびり注文入れられそうなもの、ないだろうけど(笑

ほんとは完全自動売買で高速スキャをやりたいけど、その技術は当然ない。
だから、スイングトレードみたいな感じになるのかなあ?

何にせよ、研究してみないことには話にならないので、空いた時間はトレードの検証にあてます。

結局、トレーダーに戻っちゃったねえ(笑

無題

エクイティーカーブは、ブレイクアウトしてくれて一安心…

胸のモヤモヤ(ざわざわ)を解消【呼吸法】

悩み事や不安、ストレスがあったときに、胸の辺りがモヤモヤして不快に感じることはありませんか?

572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s

強い痛みではなく、何となくしくしく痛む感じです。
僕はずっと、この胸のモヤモヤに悩まされてきました。

病院に行くほどのことではないのだけれど、この症状があらわれるととても不快です。
集中力が落ち、何をしてても楽しめません。

何か直接的な原因がはっきりしているならば、それが解消されれば胸のモヤモヤも消えます。
なので、それに対処していけばいいです。

でも漠然としたもの、例えば将来の不安とか。
そういったものは、すぐには解消できませんよね。

なので、ずっと胸のモヤモヤに悩まされることになるのですが…

自律神経の乱れ

どうやらこの胸のモヤモヤは、自律神経の乱れによって起こるようです。

自律神経とは、自分の意思ではコントロールできない末梢神経のこと。
心拍数や体温、汗の量などですね。

70da85a5cef44be9b3adefcb33b40467_s

さらに自律神経は、交感神経と副交感神経にわけることができます。

交感神経は「闘争と逃走」の神経などと呼ばれ、興奮や緊張を起こす神経です。
副交感神経は逆に、体に落ち着かせる働きをします。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態が、いわゆる自律神経失調症です。

また、自律神経とホルモンは密接な関係にあります。
自律神経が乱れればホルモンバランスも崩れ、逆にホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れてしまいます。

ホルモンバランスの崩れ

脳には、自律神経の調整を行う視床下部があります。

ストレスによって視床下部が影響を受けると、脳内で情報伝達が行えなくなります。
すると、上手く頭が働かなくなったり、ネガティブな思考に陥ったりしてしますのです。

この状態が胸のモヤモヤ(ざわざわ)を起こし、酷くなると「うつ病」になってしまうこともあります。
なので、早い状態で胸のモヤモヤを解消してあげる必要があります。

腹式呼吸

お待たせしました。
本題の胸のモヤモヤの解消法です。

82eaafeb9bfb65fa5b7a230547a759c3_s

方法はいくつもありますし、もちろん効果には個人差がありますが、僕が実際に試してみて一番効果があった、かつ簡単な方法を紹介しますね。

それは、ズバリ腹式呼吸です。

鼻から息をスッと吸って、おへその下辺りにグッと力を入れる。
そしたら、ゆっくりと10秒以上かけて、口から息を吐き出していきます。

腹式呼吸ですから、息を吸うときにはお腹を膨らまし、吐くときにはへこますのですが、上手くできない人は初めはお腹に手を当てながらやってみてください。

また、10秒以上かけて息を吐くのは、最初は辛いかもしれませんが、これも慣れれば自然にできるようになります。

さらに、この呼吸法の効果をUPさせる方法があります。
胸のモヤモヤをできるだけ具体的にイメージするのです。

どんな色をしてるか?どんな形をしてるか?など。
僕の場合は、薄黒い煙のような形です。

それを息を吐き出すときに、一緒に吐き出すようにします。
嘘みたいに胸がスーとしてきますよ!

他には、軽い運動やハーブティーなど。
リラックスできて、ストレスを解消するのがよいみたいですね。

優待タダ取りについて考えてみた

夕凪さんのバックナンバーを購読中。
ちなみに私、復帰してから初めて他の人のブログを読んでます。

心理面に影響が出そうなので、友人のブログすら読んでません。
ごめんなさい。

えー、ふむふむ。
さすが優待銘柄のトレードで有名な夕凪さんだけあって、それについて詳しく書かれておりますね。

実は私トレード歴10年にして、優待というものを一度も取ったことがないんですけど。
そんな優待素人の私が、優待タダ取りについて考えてみた。

松井とかカブコムとか使ってさ、現物買いの一般信用売りのクロスじゃダメなの?

ええ、ダメなんでしょうね…
なんかしらダメな原因があるんでしょうね。
優しい方がいたら、優しくコメント欄で教えてください(笑

まあ、それは半分冗談なんですけど(半分本気)。

純空はダメなん?
配当分取られても、優待の分有利なんじゃないの?
と、優待素人が考えました。

逆日歩?
予想できるんだったら、逆日歩が高くつきそうな銘柄はそりゃ避けたいけど。

そこは難しい気がするんですよね(根拠なし、勘)。

単純に優待銘柄を売りまくって、ヘッジを上手くかければいいんじゃない?
というか、ヘッジの方を収益の源泉にできそうな気がする(妄想)。

まあ有名になっちゃってる手法だから、プラスアルファが必要でしょうけど。
やっぱり優待プレイは研究しないとだなあ。

見える傷【強迫観念】

実際に存在する、見える傷や汚れが気になる場合はどうすればいいんだ?

DSC_0319

拡大すると、ひっかき傷があります。

DSC_03191-1024x576

確かに傷が存在する。

じゃあ、この傷のせいで何か悪いことが起こるのか?
例えば、この傷からサビが広がってトレイが壊れてしまうとか。
といえば、そういうことは思わない。

ただ単に気になるだけ。
とても目障り。

それより気になるのが、というかこの傷がきっかけで気になりだしたのが。
左側のネジが緩い。
何度も締めすぎて、山がバカになってしまった。ネジ穴も緩くなってしまった。
おかげで、グラグラする。

グラグラするといっても、支障があるほどグラグラするわけではない。
たぶん、自分以外は気が付かないほどのグラグラ。

でも、このグラグラのせいで”タイピングがしにくい気がする。”

肩こりが悪化して、腱鞘炎にでもなったらどうしよう?
という不安はよぎる。

トレイを自然に引き出すと、左右対称じゃない。
ベアリングの部分が、上手く作動してないみたい。

今日、潤滑油を塗ったけど、おかげで”部屋に油が飛び散った気がする。”

これは、気がするだけで、実際に油は見えない。臭いもしない。
でも、探せば油がある気がする。
これを書いていたら、少し胸がすーとしてきた。

ペンチも油で汚れてしまった。
何度も洗った。でも、そのおかげでペンチが錆びるんじゃないかと心配になった。

>消耗品だと思えば、また買えばいいんじゃないか。
確かにそうだけど、キリがない。

やっぱり少し右に傾いてる気がする。
この姿勢でタイピングをしていたら、骨が曲がってしまいそうな気がする。
だから、このパソコンは使いたくない。

というか、このトレイが気にならなくなっても、次はどうせ他のことが気になるんだろう。

そう思うと、苦しい。
胸がまたもやもやしてきた。

こんなどうでもいいことに時間を費やすのがもったいないのに、気になって仕方ない。

最初に発症したのが(自覚したのが)、高校生のとき。
それから治すのに(気にならなくなるのに)、10年以上かかった。

強迫性障害は、10代、20代が多いと聞く。
この歳で、再度気になるようになるのはショックだ。

でも、病院に行くほどではない、と思う。

この部屋から去りたい。
でも、この部屋からいなくなると、確認ができなくなる。

確認しないと気になって仕方がない。
頭の中で想像して、確認する。

儀式のようなものは、もうほとんどしなくなった。
昔は、上着を床におけなかった。椅子にかけることもできなかった。
だから、ハンガーのない店に行くのがすごい嫌だった。

ハンガーがない場合は、暑くても脱がないか、椅子のうえなどにきちんとたたんで置いていた。

ただ、理解のない人には、当然変な顔で見られた。
また、そうできない関係の人だと、上着を床におくしかないのだが、気になって気になって会話もロクにできなかった。

今はそうじゃないけど、またそうなるんじゃないか?と不安に思った。
やっぱり肘が痛い気がする。

改善したい。
認知療法を勉強します。

以上、頭に浮かんだことをずらーと書いてみたが。
”気がする”というだけのことがほとんどだ。

実際に存在するのは傷だけ。
あとは”気がするだけ”