株価が動く要因【ファンダメンタル分析】

芋ほり日記は、いちおうトレードブログなので、これからはなるべく株に関することを書いていこうと思います。

おっさんのダイエット日記に興味がある人は少ないでしょうからね(笑

ファンダメンタル分析

109014

デイトレーダーなど、短期トレーダーにはファンダメンタルをまったく知らない人も多いでしょう。
僕もずっとファンダメンタルのことを勉強しないでやってきました。

ファンダメンタルを知らないでも、素晴らしいパフォーマンスを上げてるトレーダーはたくさんいます。
板読みが上手なスキャルパーなどは、あまりファンダメンタルを気にする必要はないですしね。

それに対して、ファンダメンタルを有効活用しているトレーダーもいるようです。
業績や財務体質をしっかり調べて、テーマやトレンドに乗っていく。

こういう方はテクニカル的なトレードをする方に比べて、トレードの時間軸も長いようです。

僕はもともと瞬発的な判断や決断が苦手なので、ゆったりできるトレードが好きです。
ですが、スイングトレードのように時間軸の長いトレードは、パフォーマンスが荒れるので避けていました。

でもそれは、リスク管理がまったくできてなかった頃の話です。
ただ単に、移動平均から大きくかい離している銘柄を買い下がっていた頃です。

あの頃の俺とは違う!
ということで最近、四季報の見方のお勉強をしています。

備忘録の意味も兼ねて、それをこのブログにアウトプットしていこうと思います。

株価を動かす主な要因

様々な要因があり、明確な解はないかもしれませんが、一般的には次のようなものがいわれています。

■業績、財務
四半期ごとに行われる決算、上方(下方)修正。
総資産や有利子負債などの財務体質。

健全な財務体質で、好業績を上げている銘柄は株価も上昇する。

■テーマ、トレンド
今だったら、インフルエンザ関連株など。
話題性の高い銘柄は、投資家の関心も高い。

また、それまで不調だった業種が反転するときは、その業種を牽引するリーダー株が買われる傾向にあるらしい。
総合商社であれば、三菱商事(8058)とかですかね?

■指数入れ替え、株式分割
日経平均やMSCIに組み入れが決まった銘柄は上昇し、除外される銘柄は下落する。

また、株式分割など一時的な需要の変化により、株価が上昇することもあります。
僕がトレードを始めたころは、株式分割が発表された銘柄はほぼストップ高をつけていましたねえ。今は亡きライブドア…

■買収、合併
M&Aによって株価は大きく変動する。
特に、買われる側は数倍になることも?

僕は恩恵にあやかったことはないですけどね。
一時的に株価に歪みが生じ、リターンを得る機会もありそうです。

■外部的要因
ダウ工業平均や為替、金利や円高など。

数値化しやすいので、いわゆるファクターモデルが作りやすい。
多くのシステムトレーダーが、外部要因の分析に時間を費やしていると思います。もちろん僕も。

投資家心理
さまざまなアノマリーを生み出す原因になる。

投資家心理といっても一概にはいえませんが、自分を知るという意味でも、行動経済学は勉強して損はないと思います。

今日は以上です。
この中の業績、財務データを使って、何とかトレードで勝てないか?と研究中です。

トレード結果

セプテーニ主催のアフィリエイトセミナーに参加してきました。

アフィリエイト協議会の笠井さんという方が講師をしてくださったのですが、とてもわかりやすく、また良心的なセミナーでした。

グレーゾーンなことをしないでも、正攻法でもアフィエイトで稼いでいくことは可能だと感じました。

もちろんそれなりの労力は必要ですが、月30万円以上稼ぐアフィリエイターの平均労働時間は一日6時間強らしいです。

簡単ではないが、できなくもないという感じかな?
消えかけていたモチベーションが、少し高まりました。

でも、トレードの方に労力は注力しますけどね!

今日の収支 44600円

Yahooファイナンスから時系列データを取得【TDタグからデータを抜く】

Webクエリを使わない方法

先日、Yahooファイナンスの時系列テーブルに変更がありましたよね?

20150113

以前は1ページに50営業日分が表示されていたはずですが、20営業日分までしか表示されなくなったようです。

この変更が不便になった人は少ないと思いますが、僕には不便になってしまいました。
時系列データを取得する際に、僕はWebクエリを使うことが多いので、処理速度も遅くなってしまいます。

なので、今日はWebクリエを使わずに、TDタグの中身を直接抜き出してみようと思います。

時系列データ取得マクロ

まずは、コードを載せますね。

Sub Get_TagTD()

‘お約束
Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject(“InternetExplorer.application”)
objIE.Visible = True

‘変数の宣言
Dim n As Integer
Dim x As Integer, y As Integer

‘TDを抜き出す
Cells.Delete

Cells(1, “A”) = “n(番目)”
Cells(1, “B”) = “InnerTEXT”

objIE.Navigate “http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=8411.T”
IE_Complete objIE

Dim objTD As Object
Set objTD = objIE.document.all.tags(“TD”)

For n = 0 To objTD.Length – 1

Cells(n + 2, “A”) = n
Cells(n + 2, “B”) = objTD(n).InnerTEXT

Next n

‘列の幅を整える
Columns(“B:B”).ColumnWidth = 18.13

‘IEを閉じる
Set objTD = Nothing

objIE.Quit
Set objIE = Nothing

‘時系列データの整理
Cells(4, “D”) = “日付”
Cells(4, “E”) = “始値”
Cells(4, “F”) = “高値”
Cells(4, “G”) = “安値”
Cells(4, “H”) = “終値”
Cells(4, “I”) = “出来高”
Cells(4, “J”) = “微調整終値”

For y = 1 To 20
For x = 1 To 7

Cells(y + 4, x + 3) = Cells(x + y * 7 – 3, “B”)

Next x
Next y

‘列の幅を整える
Columns(“D:J”).EntireColumn.AutoFit

End Sub

‘IEが表示されるまで待つ
Public Sub IE_Complete(ByVal objIE As Object)

Do While objIE.Busy = True
DoEvents
Loop
Do While objIE.document.readyState <> “complete”
DoEvents
Loop

End Sub

例によって、三流君さんのサイトを参考に作りました。

なので、僕の解説を見るよりも、三流君さんのサイトを見た方がためになります。
ここでの解説は僕のメモ書き、備忘録代わりです。

コードの解説

18行目 objIE.Navigateで、みずほ(8411)の時系列データのページに飛びます。

冒頭で時系列データのページの画像を張りましたが、ソースの中身は以下のような感じです。

2015011303

<TD>中に、時系列データが入っていますね。
この中身をすべて抜いてみます。

21行目でテーブルオブジェクトを格納するObjTDを宣言します。
24行目からForループで、TDタグの数の分回します。

objTD.Lengthからなぜ―1するのか、忘れちゃいました…
知りたい方は、三流君さんのところで解説してあったと思います。

列Aに何番目か、列Bにテキストの中身を出力します。
27行目でobjTD(n).InnerTEXTと、objTD(n)が配列として使われているのにも違和感を感じますが、僕はよくわかってないのでこういうもんだと割り切って使ってます。

出力した結果がこんな感じです。

2014011301

B列にTDタグの中身を吐き出しました。
見ると、5行目の日付からが時系列テーブルです。

日付、始値、高値、安値、終値、出来高、微調整終値の順番でデータが入っているようです。

僕は微調整終値が便利だから、Yahooファイナンスからデータを取得することが多いです。
株式分割があると、面倒くさいんだもん…

そして40行~58行で、データを綺麗にまとめた結果が以下になります。

2015011302

こんな感じで時系列データを取得できました。
次回はもっと長い期間を取得するマクロを公開しようと思います。

メモ書き

■<TD>とは
Table Dataの略

セルの内容が「データ」となるデータセルを作成。
セルの内容が「見出し」の場合には~を使用。

■TDのタグを抜く
Dim objTD As Object
Set objTD = objIE.document.all.tags(“TD”)

テーブルオブジェクトを格納するobjTDを宣言
objIEがdocumentを持っていて、その.allのタグのグループのTDを返す
objTDにタグの集合が入る

※メモ
Public SubとPrivate Subの違い

Publicはすべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ
Privateは同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ
省略した場合、SubはPublic Subとして扱われる

トレード結果

もう少し勝てたかな?
という、勝ちきれなかった感はあったけど。

今日の収支 28850円

三連敗を防げてよかったです♪

トロッコ問題のアンケートに回答してくれた方、ご協力ありがとうございました。

予想通り、ケース2で男を突き飛ばすのは間違いだという方がほとんどでした。
実際に行われた調査でも、85%の人があのケースでは男を突き飛ばすべきではないと回答しているようです。

また、興味深い問題があったらご協力のほどをよろしくお願いします。

道徳的ジレンマ【トロッコ問題】に対するアンケート調査

以前に、このブログで道徳的ジレンマ【トロッコ問題】という記事を紹介したことがありました。

今、僕が読んでいる神経学の書籍にトロッコジレンマの問題が出てきたので、再度紹介したいと思います。

また、先日『母平均の区間推定』の記事で年齢アンケートに答えてくださった方、ご協力ありがとうございました。
10名以上に回答をいただけるんであれば、アンケート調査もやりがいがあるので、今回のトロッコ問題のアンケートにもどうかご協力お願いします。

トロッコ問題

では、改めてこの問題を紹介します。

【ケース1】
トロッコが暴走している。
このままでは作業員5人にぶつかってしまう。

トロッコの進路を切り替えれば、作業員5人の命は助かる。
しかし、そうすると別の線路にいた作業員1人にトロッコはぶつかってしまう。

進路を切り替えるのは、正しい行動か?

※法的に罪は問われないとします。あくまでも、道徳的観念で考えてみてください。

ケース1

途中経過

Loading ... Loading ...

では、次に別ケースで考えてみてください。

【ケース2】
トロッコが暴走している。
このままでは作業員5人にぶつかってしまう。

あなたの隣にいる男を突き飛ばして、トロッコにぶつければ、トロッコは止まって5人の命は助かる。
もちろん、突き飛ばした男は死んでしまう。

男を突き飛ばすのは、正しい行動か?

一人を犠牲にして、5人を助けるという行為には変わらないが…

ケース2

途中経過

Loading ... Loading ...

よかったら、回答のご協力お願いします。

ちなみにケース2で突き飛ばす男性をチンパンジーに置き換えると、突き飛ばすと回答する方がほとんどのそうです。

僕だったら、ケース1では進路を切り替えるけど、やはりケース2で男性を突き飛ばすことはできないかなあ。

ただし、正しいか間違えているかと問われれば、正しいと答えます。
矛盾してるようですが、理屈では正しい。でも、感情では拒否するということです。

やる気が出ない・集中したいときは環境を変えてみる

本から知識を身につけるには?

根性論や精神論が大嫌い。
今日の記事は、そんなグータラお芋が自分を正当化するための記事です。

連休前の記事で三連休はスキルアップに当てます、なんて書いたけど。
まあ、やる気が出ないことw

神経学の本は2冊読み終えたけど、内容はほとんど頭に入ってないなあ。
本って読んだだけでは、知識は身につかないですからね。

本を読んで得た知識をアウトプットすることで、初めて身についていく。
だから、学んだことをブログで書いたり、人に話したりするのはとても効果的なようです。

でも、記事にするのって面倒くさいんだよぉ~
こんな怠け芋がどうやったら、集中して作業できるようになるんでしょうか?

やる気・気合いは万能ではない?

こんなこと書いてると、甘ったれるな!気合いが足りないとか言われそうだけど…

やる気とか気合いって、万能じゃないですからね。
意思の力で何とかできるほど人間は強くない!

それよりも、何かを成し遂げたいときには環境や刺激をコントロールするのが、簡単かつ効果的なようです。

たとえば、アルコール依存症の方にお酒を止めさせるのは、病院に入れるのが一番です。

どんなに強い決意を持ったとしても、近くにお酒がおいてあったり、いつでもお酒が飲める環境で断酒をするのは難しいです。

同様に、魅惑的な遊具がある場所で、勉強や仕事を集中してやれったって、そりゃ無理な話ですよ。

ってなわけで、セミナーをいくつか申し込みました。
やる気が出ないんだったら、やらざる得ない状況に身を置くしかないですからね。

そういった意味では、カフェや図書館で勉強するほうが、自宅でするよりもはかどるという理論に納得。
気分転換にもなりますしね。

私たちのような自由業は、自己規律を守るのが大変です。
怠けようと思ったら、いくらでも怠けれちゃうから。

まあ、やり始めちゃえば自然にやる気って湧いてくるもんだから、嫌々ながらでもデスクに向かいましょう。

以上、気分転換のための記事でした。
さあ、働こう…