ストップ高比例配分のルール

レディ薬局、TOB価格800円だと思ってたOrz
1000円だったらもっと気合い入れて比例配分取りに行ったのに!!

まあ、気合い入れても取れたかどうかはわからないけど。
そのくらい、今の比例合戦は難しい…

ツイッター見てると、VBA組んで注文受付時間に自動発注してる人もいるみたいですね。
となると、手動じゃ絶対に勝てないです。

今日なんて他の作業してたら、時間を見逃して1分遅れてしまったし。
2マソはミスで取りこぼしたなあ、はぁ。

配分ルール

たまに、変わるんでね。
今日は10社くらいに電話で問い合わせました。

案の定、変わったのは松井証券。
時間優先から株数優先に変わってました。※価格優先(成行き注文)は大前提です。

株数優先はねえ、お金持ちには有利ですけどね。
僕も昔、お金があったときは残った余力を、引け間際にS高銘柄にぶち込んでお小遣い稼いでました。

今はそんなお金ないから、できないんですけどね(涙

まあ、一番多いのは時間優先なんですが、もう一つ大事な点があって。
それは、注文を名寄せするかしないか。

どういうことかというと、同一口座で同一銘柄を複数回注文した場合。
例えば、レディ薬局を100株買い×10回注文出した場合なんですが。

名寄せをする証券会社だと、最初の注文のみを有効とするような処理を取ります。
だから、どんなに早い時間に10回注文出したとしても、配分されるのは100株(最低単元)だけになります。

逆に、名寄せしない証券会社だと、100株買い×10回が全部約定する可能性があります。

これねえ、大昔は知らない人が多くて、かなり美味しい手法でした。

今は有名になってますけどね。
SBI証券のオペレーターのお姉さんなんて、向こうからわざわざ、こうしたら配分確率が上がりますよって教えてくれたくらいw

だから、名寄せしないところは競争率が激しく、強敵が一人でもいたらアウト。
自動発注で数秒で数十件の注文とか出されて、根こそぎ配分を持っていかれてしまう…

こういうときにプログラマーって強いな、って思います。

となると、最低単元しかもらえなくても、名寄せする証券会社の方が、配分される確率は高そうです。
それを調べるために、証券会社に電話してたんですけど。

あのですね、オペレーターのお姉さんたち、もうちょっと勉強してほしい…
名寄せって何ですか?って言われたのが数社あった、そういうとこに限って20秒10円のナビダイヤルw

ケチくさいことやってるから、思考もケチくさくなっちゃうけど、コストはできる限り削減したいですからね。

まあ、でも…
ストップ高の比例配分は、労力の割りに合わないなって改めて思ったw

通常のストップ高だと、剥がれて暴落するリスクもありますしね。
レディ薬局のようなTOBなんて滅多にあるもんじゃないし。

労多くして実り少なし、って感じです。

今日の収支 27800円

278002015年収支