3月27日(金) トレード結果

最近では、優待取りのためにクロス取引を推奨してるネット証券もありますね。

クロス取引は仮装売買とみなされる可能性がありますが、信用口座開設が厳しいある証券会社によると、経済性合理性があるならばクロス取引はOKとのこと。
つまり、優待取りのためにクロス取引をするのはOKらしいです。
※証券会社によって解釈は異なります

じゃあ、公募株増資のつなぎ売りをクロス取引で解消するのは?
A:これは、仮想売買にあたる可能性があります。

なんでやねんw

色んな証券会社に電話をかけまくったけど、公募増資株の空売り規制に対しては、解釈は様々なんですよね。

現渡さえしなければ問題ないという会社もあれば、値決め後でもつなぎ売りは止めた方がいいという会社もあり。

金融庁にも電話したけど、お答えできませんですって。
どうしても知りたいなら、法律家に相談してくださいとのこと。

いやいや金融庁が答えられないなら、法律家だって答えられないでしょ…
だから証券会社も明言は避けるし、疑わしきはお断りみたいな雰囲気です。

僕の解釈としては、公募株の受け渡し株数が確定したあとなら、つなぎ売りをしてOK。
決済方法は反対売買になりますが、同一タイミングのクロス取引は避けたほうがいい。

って感じです。
まあ、出来高に影響を与えない株数なら問題ないと思いますけどね。
※あくまでも僕の解釈です

それでも僕は滅多なことではクロス取引はしないですけどね。
それくらい慎重な性格なんです…

今日の収支 42950円

42950
2015年収支