JPX日経インデックス400の入れ替えは狙えるのか?

僕は実質2年近いブランクがあるので、JPX400とはなんぞや?
という感じだったんですが、この機会に少し勉強してみましたよ。

JPX日経インデックス400選定基準

東証のホームページによると。

・上場後3年未満
・過去3期いずれかの期で債務超過
・過去3期すべての期で営業赤字
・過去3期すべての期で最終赤字
・監理銘柄等に該当

まず、これらに該当する銘柄を除外。

次に、直近3年間の売買代金と選定基準日時点における時価総額から上位1000銘柄を選定。

そして、選定した1000銘柄に以下の3項目でスコアをつける。

・3年平均ROE(40%)
・3年累積営業利益(40%)
・選定基準日時点における時価総額(20%)

※()内の%はウェイト

他にも細かい加点などもありますが、おおむね上記のスコアが高い上位400銘柄が採用されます。

採用基準が恣意的な日経平均と比べると、JPX日経インデックス400の選定基準はかなり明確ですね。
数値化できるものなので入れ替えの予想もしやすいです。

で、肝心な部分ですが。
じゃあ、JPX日経インデックス400の入れ替えを予想できたら儲かるの?ってとこです。

予想しやすい、ってことはあまり期待できなそうですが…

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)

JPX400が注目される理由として、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がベンチマークとしてJPX400を採用したからです。

GPIFは、超巨大な公的年金を運用する機関。
その額なんと130兆円!

そしてGPIFの定める基本ポートフォリオは国内債券が60%、国内株式は12%だったのですが、国内債券の比率を35%に下げて、国内株式の比率を25%に引き上げました。[2014年10月31日]

130兆円の13%、約17兆円が流れてくるんですから、そりゃ株価は上がりますわな。
政策に売りなし、っていう格言を覚えておこう…

4本値だけを一生懸命睨めっこしてきた10年間。
なぜオレはあんなムダな時間を… 

まあ、無駄ではなかったけど、知らないことが多すぎです。

JPX400ラインナップ

20150126

時価総額下位10銘柄です。
うわぁ、香ばしい銘柄が多いなあ。

採用基準で、過去3年の営業利益のウェイトが大きい、ってのが問題ですかね?

直近3年なら、スマホゲーム関連が入ってきますもんね。
年金資金でガンホーとか買われるのは、ちょっと嫌だなって思ったりしちゃいます。

まあそれはさておき、GPIFのようなお役所仕事的な買い方をしてくる運用機関が相手なら、付け入る隙はありそうです。

採用銘柄の入れ替えによって、何かしらの需給の変化(歪み)はあるはずなので、そこを狙えればなんてな~って妄想してました。

2年間、十分休養は取ったので、そろそろ☆お芋は本気出しますよ!w
もっと真剣に相場に向き合います。

甘い世界じゃないけど、努力が報われやすい世界でもありますからね。

四季報で割安株を探す重要な指標【PERとPBR、ROEの関係】

4つの指標

■PER(株価収益率)=株価÷1株益
PERが低いほど割安。
業種によって異なるが15~20倍が目安。

■PBR(株価純資産倍率)=株価÷1株あたりの株主資本
会社が解散したときの企業価値。
理論上は1倍を下回らないのでPBRが1以下の銘柄は割安といわれているが、帳簿にあらわれてないリスクも考えられる。

■ROE(株主資本利益率)=(当期利益÷株主資本)(%)
ROEが高ければ高いほど、効率的に利益をあげているといえる。
平均で5%ぐらい。10%を超えれば優秀とみなせる。

ROA(純資産利益率)=(当期利益÷総資産)%
業種によって異なるが平均1%ほど。
ROEやROAの数字が低いと、その会社は収益率が低いとみられ、M&Aの標的にされることがある。

四季報でよく耳にする指標はこの4つでしょう。
特にPERとPBRは株価が割安か割高かを判断するのに、大事な指標とされています。

株主資本とは

企業の純資産のことです。
純資産は総資産から負債を引いたもので、純資産が高ければ高いほど企業価値も高い。

株式会社は株主の出資によって設立されているので、会社に利益が出れば株主に分配されます。

出資者は高いリスクを取って出資しているわけですから、株式会社は株主のものともいえます。
だから大株主は、経営にいろいろと口を出すわけですね。

PERとPBR、ROEの関係

PER=株価÷1株益(EPS)
   =株価÷(当期利益÷発行済み株数)

PBR=株価÷1株あたりの株主資本
   =株価÷(株主資本÷発行済み株数)

ROE=当期利益÷株主資本

この式を整理していくと。
当期利益=(発行済み株数×株価)÷PER
株主資本=(発行済み株数×株価)÷PBR

ROE=PBR÷PER
つまり、PBR=ROE×PERという関係にあります。

バリュー指標

ファーマ・フレンチの3ファクターモデルでは、バリュー指標にPBRを用いています。

株価が割安かどうかを判断するには、PBRが効くということなんでしょうが、上記の式を見ると疑問も感じます。

PERが低ければ低いほど、その銘柄は割安と考えられます。
しかし、企業の収益性を計るROEは高い方が、株主資本を効率的に活用している優良企業といえるでしょう。

PBRはPERとROEの積でしたよね?
このことから、PBRはただ単に低ければいいってものではない、ということがわかります。

PERが低い、かつROEが高くなければいけません。

その基準がどの程度のものなのかは、時価総額や業種によって異なるでしょうから、グループに分類したうえで相対的な割安度を計るのが正しいPBRの見方ではないでしょうか?

ここら辺を徹底的に検証すれば、たぶんそれなりに優位性のある戦略は作れそうな気がします。
すごく大変そうだけど…

大型株で効けばいいんですけどね。
やっぱりお宝銘柄が埋もれてるのは小型株なんですかねえ?

今日、負けて悔しかったせいで、久々にいっぱい勉強した(笑

トレード結果

金曜日は調子悪いなあ…
体重もおもったより落ちてくれません!

ラーメン食べたいよぉ(涙

今日の収支 ▼7900円

キャピタルゲインとインカムゲインを両方狙うには?

配当利回りの高い銘柄を持ち続ければいい。
と、思います。たぶん…

昔、配当利回り高いの銘柄をずっと持ち続けたらどうなるか?という検証をしたんですが、結果はTOPIXをアウトパフォームすることがわかりました。

ラフな検証だったのでそんなに自信はありませんが、高配当銘柄は長期的にみればパフォーマンスは高いはずでしょう。

株価が安くなれば、さらに配当利回りがよくなるので、そこに魅力を感じる投資家があらわれるからです。
もちろん、減配というリスクもありますけど…

複利のパワー

僕らのような投機家(短期トレーダー)は、あまり株式配当に魅力は感じないかもしれません。

年に2%の配当利回りでは、資金効率がよくないからです。
これだけで喰っていくのは難しいでしょう。

でも、投資家にとっては年に2%の配当というのは十分な数字かもしれませんね。

複利のパワー

ご覧のように年2%の配当でも、36年間で倍になります。
これが年4%だったら?恐るべし複利のパワー…

プラス株主優待も入りますからね。
さらに上昇相場に乗れれば、桐谷広人さんのようにウハウハな思いができるでしょう。

マーケットリスク

じゃあ、配当利回りの高い銘柄をたくさん買えばいいじゃないか?
というと、そう単純にもいかないと思います。

まず、マーケットリスクが考えられます。
いくら高配当銘柄のパフォーマンスがよいとはいえ、市場全体が暴落すれば、その銘柄も下落してしまいます。

なのでより安全に運用するためには、TOPIX先物などでヘッジをする必要があります。

もちろん、銘柄も分散した方がいいでしょう。
資金量によりますが、できれば30銘柄くらいに分散したいところ。
逆にいえば、それ以上増やしてもあまり分散効果は変わりません。

また、ポートフォリオのバランス、銘柄間の相関も考えなければいけません。
いくら配当利回りがよいからといって、電力株ばかりを買っていたら、東北大震災のようなときに大ダメージを負ってしまいます。

時価総額や業種、PBRなどのバランスを考えながら、ポートフォリオを組んだ方がよいでしょう。

>具体的にはどうやって?
それを今から探しましょうという意図で、この記事を書いてるんです!

配当性向

会社があげた利益をどれだけ配当に回しているかを計る指標に、配当性向というものがあります。

配当性向=(1株配÷1株益)%

配当性向は平均45%とされていますが、これが低いからといって会社がケチというわけではありません。

配当に回さなかった分の利益を、事業拡大などに使うことで企業を成長させることができるからです。
企業が成長して業績がよくなれば、必然的に株価も上昇していきます。

いつの時代も投資家は強欲なので、高配当を受け取りながら、株価上昇による利ザヤも得たいと考えます。

しかし、キャピタルゲインは水物的なものでもありますので、配当性向が高く、財務実態が良好な銘柄を探す努力をすれば、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を狙えるんじゃないでしょうか。

人気優待銘柄

103193

配当だけでなく、株主優待も投資家にとっては大きな楽しみですよね。
僕は優待って取ったことないけど、確かに魅力的な優待はあります。

人気優待銘柄の動向などは、夕凪さんの日記に詳しく書かれてるでしょうから、こちらもあわせて勉強していきたいと思います。

トレード結果

ふう、連敗しないでよかった。
エクセルファイルを開くのがドキドキですよ。

っていうか、こんなハートで上記の記事のような運用ができるのだろうか…
種1000万くらいの長期投資をしたら、けっこう怖いと思うよ。たぶん、きっと、絶対に。

某インデックスファンドなんて組み入れ銘柄が1000以上だもんなあ。
それでもトラッキングエラー(ベンチマークとポートフォリオの乖離)が出てしまう。

そうすると零細投資家の組んだポートフォリオなんて…

今日の収支 28730円

レーティング(信用格付け)でどうして株価が動くの?

「またレーテ詐欺にやられたよ!」
なんて、昔はよく大騒ぎしていました。

でも、レーティングでどうして株価が動くのか?
そもそも、レーティングってどうやって決められているの?

という疑問を、勉強してみましたよ。

テクニカル的な分析以外での、僕の株の知識はこんなもんです…

債務の返済能力

099772

会社がよりよい活動を行うために、不特定多数の投資家から資金を集めることがあります。
このとき発行される有価証券が債券です。

債権は債権者が債務者に一定の行為(たとえば貸したお金を返してもらう)を請求する権利で、それを形にしたものが債券です。

よーするに、ひらたくいうと。

会社に資金が必要になったので、「お金を貸してくれ」と投資家などに頼みます。
お金を貸した投資家、つまり債権者は会社(債務者)に「お金を返してくれ」と請求する権利があります。
これを形にしたものが債券です。

債券が普通の借金と違うのは、債券は株券のように売り買いができることです。

こんな感じの説明であってますかね。
もし間違いがあれば、コメント欄でご指摘お願いします。

この債券を債務不履行に陥らず償還できるか、つまりきちんと債務を返済することができるか?
この返済能力を表すのがレーティング(信用格付け)です。

格付け会社

レーティングは格付け会社によって行われます。
以下は日本で格付け業務を行っている主要4社です。

・スタンダード&プアーズ
・ムーディーズ
・日本格付研究所
・格付投資情報センター

ムーディーズしか知りませんでしたよ…
レーティングを気にして売買をしたことはあまりないですからねえ。

格付けの表現方法は会社によって変わりますが、おおむねAAAが最高とされ、D(デェフォルト)、SD(破綻)までの格付けを行っています。
一般的には、C以下に格付けされた企業は危ないといわれています。

では、この格付けはどのようにして決められるのでしょうか?

複数のアナリストにより精査されますが、結局のところは格付け会社の主観的な判断です。

なので、低い格付けをされた企業は「なんでうちの会社の評価が低いんだ?」と、反論してくることもあるそうです。

格付けが低いと経営者にとっては不名誉であり、投資家からの評価も下がり、間接的に株価の下落を招いてしまいます。

逆に格付けが高い会社は、財務実態が良好と見られ、株価も上昇します。

レーティングはあくまでも債務返済能力を評価するだけのものであって、直接的に企業の業績をはかるものではありませんが、上記のような理由から株価に大きな影響を与えます。

レーティングをトレードに生かすには?

どうすればいいんでしょうねえ。

過去のレーティングの上げ下げがわかれば検証はできるけど、トレーダーズウェブのバックナンバーに載ってるかな?

有料でもよければ、データは集められるはず。
ただし、検証する価値があるかどうかは疑問です。

格付け会社の主観的な判断によって決められる、ってところに付け入る隙はありそうですけどね。
時間とデータがあれば、検証してみたいと思います。

トレード結果

負けちゃった(涙
調子がいいなあ、って感じ始めたころが危険ですね。

これでも、今年の収支は上出来な方なので、何度も言ってるけど一刻も早く他の収入源を確保しないと。

アフィリエイトで月30万円でも稼げれば、気持ちはだいぶラクになるけど、それには月に200時間は費やさないと無理ですからね。
しかもダラダラやる200時間ではなく、真剣にやる200時間。

逆にいえば、真剣に200時間費やせれば、それなりに稼げるってことなんだけど。
言うは易し行うは…

今日の収支 ▼29800円(コスト前)

倒産株などの悪材料を掴まないためには?【株主持分】

企業の財務体質はしっかり見ておきましょう。
ということですかね。

僕が新興市場を主戦場としてトレードしていたときは、オーバーナイト(持越し)をした株は、つねに倒産することを覚悟していました。

いきなりの民事再生法申請ということは少なかったですが、びっくりするくらいの大幅下方修正はしょっちゅうでしたしね。

上場廃止はライブドアで喰らいましたよ。
ええ、それなりに…

倒産リスク

099814

社員は悪くありません。社長の私が悪いんです。

僕の叔父も山一証券に勤めていましたけど、もちろん倒産のことは知りませんでした。
このような不測の事態は避けられないとしても、企業の財務体質を把握しておくことで、倒産株を掴む確率はかなり低くなるはずです。

いわゆるボロ株といわれる銘柄や、管理・整理ポストに入れられている銘柄を好むトレーダーもいるようですが、デイトレと割り切って売買する分には問題ないでしょうが、オーバーナイトを絡めるのはかなり危険な行為だと思われます。

大きなリターンを得られる確率が高いなら別ですけどね。
大抵の場合、ハイリスクノーリターンで終わることが多いようです。

僕は今は、東証一部の大型株しか売買していませんし、少しでも怪しい動きをしている銘柄は監視から外すようにしています。

ただ、昨日の記事でも少しふれたように、今後はもう少し時間軸の長い売買。
ファンダメンタル分析でトレードをしたいと思ってるので、売買対象とする銘柄をもっと増やすつもりです。

債務超過は避ける

財務体質が健全な企業は、四季報のどこを見ればいいのでしょうか?

■株主持分(かぶぬしもちぶん)
株主(投資家)が会社の資産に対して持っている請求権のこと。

つまり株主持分に▲がついている銘柄は、会社が解散しても価値がないということになります。
このような状態を債務超過といい、倒産や上場廃止のリスクが高まります。

赤字が前期に繰り越した利益を上回ると、繰越損失となります。
繰越損失が出ている場合は、配当も出ず、赤字の状態が続けば債務超過に陥ります。

また、利益剰余金や営業CF(キャッシュフロー)がマイナスの銘柄も避けたほうがいいようです。

たとえばPBRが極端に低い銘柄や、テクニカル的にも割安に見える銘柄。
そういった銘柄のなかには、倒産候補群がひそんでいるかもしれません。

わざわざ危ない橋を渡らずとも、健全な株を売買すれば、最終的に得られるリターンも大きくなるはずなので、四季報をしっかり読んで勉強したいと思います。

トレード結果

ダイエット頑張ってますよー
開始から▼2キロ弱。今は70キロの攻防です。

お米とパンはほとんど食べず、炭水化物は主にじゃがいもから摂取しているんだけど、おならがすごい出るw

ぷぅぷぅぷぅ恥ずかしいよ…

今日の収支 26700円