行動経済学とは

行動経済学+心理学

 icon-check-square-o 標準経済学
経済学と聞くと、アレルギー反応を起こす人が多いでしょう。
私もその一人です(笑)

長年、株式トレードをしていたのにもかかわらず、経済学が大嫌いで、特にマクロ経済についてはまったく勉強しなかったなあ。

さっきもゼミの課題をやっている彼女に、「日銀が公定歩合を引き下げると、どうして円安になるの?」と聞かれて、答えられませんでした…

余談だけど、現役大学生がやってる経済学って難しいですね。
先日も「Jカーブ効果って何?」って聞かれたんだけど、こっちが何?って感じでしたよ(笑)

FXやってる人でも、Jカーブ効果を知らない人多いんじゃないかな。
まあ、その手のことを知らなくても、トレードで勝つことは可能ですからね。

実際に、知り合いでスキャルピングが得意な人なんかは、マクロ経済はおろか、単純なファンダメンタルも知らない。
知ってるのは板の読み方だけ。でも勝てちゃう。

だから、私は従来の標準経済学はあまり勉強しなくてもいいと思う。
あくまでも常識の範囲で知っていれば、トレードにさほど差し支えることはないと思います。


 icon-check-square-o 認知心理学
じゃあ、経済学はまったくトレードの役に立たないのかと言えば、当然そんなことはないです。

今から勉強していく行動経済学を理解するためにも、ある程度は標準経済学も学んでいく必要があります。

で、ようやく本題。
タイトルにもある、行動経済学とはなんぞや?

まだ、歴史が浅い学問なので、知らない人も多いかもしれませんね。
超大雑把に説明すると、従来の経済学に心理学をミックスした感じです。

従来の経済学では、経済は「経済人」という超合理的な人間によって動いている、と考えられていました。

経済人は、すべてにおいて合理的かつ効率的に行動します。
私のように、メダルゲームに時間の無駄遣いはしません(笑)

ダイエットに失敗することもありません。
そもそも経済人は、ダイエットが必要になるまで太ることはないんじゃないかな?

一日の摂取カロリーと消費カロリーを計算して、最適な食事量と運動をします。
自分の利益のためだけに動きます。他人を気遣うようなことはしません。

このような経済人を、皮肉?で神のような人間と例えるのですが、私的には感情を持たない機械のような人間という印象を受けますね。

港北のお洒落な和カフェ|ノースポートにある「ナナズグリーンティー」

ナナズグリーンティー

 icon-check-square-o 和カフェ

一度入ってみたかった、ノースポート一階にある和カフェ「ナナズグリーンティー」
ついに行ってきましたよ♪

S__41115652

まあ、なんてキレイなお店の作りなんでしょう!

当然、おっさん一人では入りにくいです(笑)
客も女性が中心でした。

それもそのはず、和のスイーツがすごい充実してるんです。

S__41115651

これは彼女が頼んだスイーツ。
名前は忘れたけど、黒ゴマのアイスと抹茶フローズン、白玉入り。

見た目からして美味しそうだったけど、やっぱり最高でした(笑)

白玉ぜんざいにパフェ、わらび餅と充実のラインナップは、スイーツ好きの女子を虜にするんじゃないかな?


 icon-check-square-o 食事も充実

お腹が減ってたんで、正直スイーツだけだとキツイかな?と思ってたら、食事もとても充実してました。

でも、僕と彼女は二人ともアボカドに目がないので、この料理に即決(笑)

S__41115650

よくあるマグロとアボカド丼なんだけど、付いてきたソースがすっごい美味しかった。
アボカドも大き目に切ってあって、もちろんちょうど食べごろの硬さでした。

家で食べると、アボカドはタイミング難しいもんね。

あっ、この写真は彼女が頼んだミニなんですけど、これでもけっこうなボリュームですよね。

僕は通常サイズ頼んだんだけど、満腹になりました。
男性の方でも、お腹いっぱいになれると思います。

港北はデートスポットにもってこいだから、映画を観たあとに「ナナズグリーンティー」でお食事というコースがおすすめです。

ExcleVBA 繰り返し処理:For~Nextステートメント

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

 icon-check-square-o 孤高の逡巡

今後のブログの方針、
というか、どうやってExcelVBAの解説をしていくか。

夕べ眠れずに絶望と戦いながら、考えましたよ。

ほんとですよ?笑

目先に拘って、流行りのCMや商品の紹介をしても、
自分にとって「財産」にならないもんね。

いや、月に数百万とか稼げるなら、それは財産だけど、
どう頑張っても無理そだもん。

だったら、数年後にも読んでもらえる、
みんなにシェアできるような記事を書きたいな。

と、思ったのはこれで72回目。

For~Nextステートメント

 icon-check-square-o 下準備

おっと、時間がない。
とりあえず、コードだけおいていきます。

・リボンに「開発」タブを表示
・セキュリティーの設定(マクロを有効)

この下準備ができていたら、
「開発」タブ ⇒ Alt+F11

で、VBE(Visual Basic Edtor)エディタを起動してください。

あっ、VBEとかエディタとか、
ステートメントだのオブジェクトだの、プロパティだの、etc…

そういった専門用語は、今は解説しません。
ときがきたら、必要なときに解説します。

まずは、実際にマクロを動かしてみるのが、一番かなと思います。


 icon-check-square-o VBEに記述

VBEを起動したら、
「挿入」 ⇒ 「標準モジュール」

これで、「Module1」という標準モジュールが作成されます。

そしたら、下記のコードを記述してください。


 icon-check-square-o sample01

Sub sample01()

Dim i As Integer

For i = 1 To 56

Range(“B” & i).Value = “STAP細胞”
Range(“B” & i).Font.ColorIndex = i

Next i

End Sub


 icon-check-square-o 実行結果

F5で実行を開始すると、色鮮やかなSTAP細胞が、
56色表示されたと思います。

sample01

では、このプロシージャの解説をしますかね!

コードの解説

 icon-check-square-o サブプロシージャ

Sub プロシージャ名()

プログラム

End Sub

Sub プロシージャ名()~End Subの間に、プログラムを記述する。
これはマクロの「お約束事」として、とりあえず覚えておいてください。

今回は、プロシージャ名を「sample01」としてますが、
プロシージャ名は、日本語でもOKです。

 icon-check-square-o 変数の宣言

Dim i As Integer

ここ、超重要です。
なるべくわかりやすく説明できるように、頑張ります。

このコードは、「これからiという数値の変数を使いますよ」、という意味です。
変数は「箱」って考えてもらえば、わかりやすいかもしれません。

Dim i As Integer
    ↓
これからiという数値を入れる用の箱を使いますよ

こうすることで、変数iに数値(正確には整数)を代入できるようになります。

たとえば、変数iの初期値は0ですが、i=256とすると、変数iの値は256になります。

次にもう少し、具体的な例もあげてみましょう。

i=20
i=i+5

こうすると、変数iの値はどうなるでしょう。

まずはじめに、iに20が代入されます。
これは、大丈夫でしょうか?

次が重要で、プログラムに慣れてない方は、数学と混合してわかりにくいと思います。
i=i+5???

プログラムの場合、=は等しいという意味ではなく、左辺に右辺を代入するという意味で使われます。

i=i+5の場合、iは5加算されます。
つまり、iに20が代入されたあと5加算されるので、iの値は25になります。

これじゃ、わかりづらいかなぁ…
超重要なので、もう一回説明しますね。


 icon-check-square-o 変数の代入

Dim x As Integer, y As Integer

x = 5
y = 70

y = y / x

Dim x As Integer, y As Integer
     ↓
整数型の変数、xとyを使うことを宣言します

x = 5
y = 70
 ↓
xに5、yに70を代入します

y = y / x
 ↓
yにy / x
つまり、yに70÷5を代入します

したがって、yの値は14になります

Rangeオブジェクト

 icon-check-square-o セルに対する操作

単純なようで奥が深い、Rangeオブジェクト。
まあ、僕も難しいことはわからないので、単純に使わせていただきます。

Range(“B4”).Value = “こんばんは”

セルB4に、「こんばんは」と記述します。
単純ですよね。

レンジというくらいだから、範囲も指定できます。

Range(“B4:G8”).Value = “こんばんは”

sample02

今のところは、Rangeオブジェクトについては、こういうもんだと覚えておいてください。

For~Nextステートメントの解説

 icon-check-square-o 繰り返し(ループ)処理

ようやく、本題のFor~Nextステートメントの解説に入れます。
Excel入門のサイトとか作ってる人ってすごいな…

でも僕も頑張って、できるだけわかりやすく解説します。

For i = 8 To 20 Step 4

コード

Next i

変数iに8を代入します。
iは4つずつ増えていきます。

iが20になるまで、For~Nextの処理が繰り返し行われます。
20になったら、ループを抜けます。

どうですかね…
わからないときは、実行してみましょう!


 icon-check-square-o サンプルマクロ03

Sub sample03()

Dim i As Integer

For i = 8 To 20 Step 4

Range(“B” & i).Value = i

Next i

End Sub

本日の集大成です。

Range(“B” & i).Value = i
このコードがわかりにくいと思うので、簡単に説明しますね。

Range(“B” & i).Value = i
     ↓
セルB & iに、iの値を記述します。
たとえばiの値が8だった場合は、セルB8に数値の8が記述されます。

うーん、わかりにくいので、実行してみましょう!


 icon-check-square-o サンプルマクロ03 実行結果

sample03

プログラムの流れとしては、まず整数型の変数iを宣言します。
そして、For~Nextの繰り返し処理に入ります。

はじめにiに8が代入されます。
なので、セルB8に数値の8が記述されます。

次は、iが4加算されます。つまり、iは12になります。
なので、セルB12に数値の12が記述されます。

この処理を、iが20になるまで繰り返します。

以上で、For~Nextステートメントの説明を終わります。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

ExcleVBAでマクロを作成する方法を、超わかりやすく解説してみますPart1

ExcelVBAの解説

 icon-check-square-o ひそかな懸念

タイトルに書いたように、ExcelVBAでマクロを作成する方法を解説しようと思ったのですが、果たして需要ありますかね?

今回は途中で投げ出さずに、真剣に解説しようと思ってます。
ただし、そうすると記事作成に大幅に時間がかかるので、あまり需要がないのであれば、書くのはやめたいです。

せっかくアンケートフォームを入れたので、みなさんに質問してみます。

それで、需要がありそうなら、最後まで記事は書きます。
なさそうなら、途中でおしまい(笑)

 icon-pencil-square-o 質問

ExcelVBAの記事に興味ありますか?

途中経過

Loading ... Loading ...

 icon-pencil-square-o 集計の途中経過

ExcelVBAの記事に興味ありますか?

  • とても興味がある (77%, 17 アンケート)
  • 興味がある (9%, 2 アンケート)
  • まったく興味がない (9%, 2 アンケート)
  • 興味がない (5%, 1 アンケート)
  • どちらでもない (0%, 0 アンケート)

総投票数: 22

投票する

Loading ... Loading ...

マクロの設定

 icon-check-square-o 使用環境

Ver:Microsoft Excel 2010
使用ブラウザ:Internet Explorer10

この記事は、「Excelは使ったことはあるけど、VBAはわからない」という方を対象とします。

ですから、最低限の基礎知識はあるという前提で、解説を進めていきますね。


 icon-check-square-o セキュリティーの設定

excelβ1

「ファイル」 ⇒ 「オプション」 ⇒

excelβ2

「セキュリティーセンター」 ⇒ 「セキュリティーセンターの設定(T)…」 ⇒
「マクロの設定」 ⇒ すべてのマクロを有効にするにチェック

推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります
という注意書きがありますが、マクロを有効にしないとVBAは実行できません。

変なサイトで変なものをダウンロードしなければ大丈夫だと思うので、あまり気にしないでいいと思います。
といいつつも、一切の責任は持てませんので、あらかじめご了承ください。

これでセキュリティーの設定は終了です。

リボンに「開発」タブを表示する

 icon-check-square-o リボンのユーザー設定

「ファイル」 ⇒ 「オプション」 ⇒
「リボンのユーザー設定」 ⇒ 「開発」タブにチェック

excelβ3


 icon-check-square-o リボンに「開発」タブが表示

すると、こんな感じで「開発」タブがリボンに表示されると思います。

excelβ4

これでマクロを作成する準備はOKです。

そもそも「マクロ」とは?

 icon-check-square-o マクロとVBA

できるだけ専門用語を使わずに、超噛み砕いて説明してみます。

マクロとは、手作業で行うExcelの操作を、自動で実行する機能です。

全然、上手く説明できない(笑)
百聞は一見にしかず。実際にVBAを記述して、マクロを作ってみましょう!


 icon-check-square-o VBAとは?

こんなふうに、いちいち用語の説明をしていたらキリがないですね…
必要最低限の情報だけを、書いていきます。

VBAとは、ExcelやWordなどのOffice製品上で、マクロを作るためのプログラミング言語です。

要するに、プログラミング言語の一種です。

汎用性が高く、なんでもできちゃうのがVBAの特徴。
その代わりC言語などと比べると、処理速度が遅いのかな?


 icon-check-square-o 標準モジュールの作成

モジュールとは、VBAを記述する場所です。
と、覚えておいてください。以下に、標準モジュールの作成手順を記します。

「開発」タブ ⇒ 左上の「visual Basic」(Alt+F11)
ウィンドウがあらわれるので「挿入(I)」 ⇒ 「標準モジュール(M)」

excelβ5


 icon-check-square-o Module1

すると、こんな感じで標準モジュール(Module1)。
要するに、VBAを記述する場所を作ることができます。

excelβ6

では早速、この中に簡単なVBAを記述してみましょう!

マクロの例

 icon-check-square-o コードの記述

先ほど作成した標準モジュール(Modrle1)に、以下のようにコードを記述します。

excelβ7


 icon-check-square-o テストマクロのコード

下記のコードをコピペしてください。
本当は、自分で手入力した方がいいですけど。

Sub test()

Dim i As Integer

For i = 1 To 100
Cells(i, i) = “はじめてのマクロ”
Next

End Sub


 icon-check-square-o テストの実行

では、今作ったマクロを実行してみましょう。

マクロを実行(R)⇒sub/ユーザーフォームの実行
もしくはF5で、マクロを実行します。

excelβ8


 icon-check-square-o マクロの実行結果

すると、セルの中に「はじめてのマクロ」という文字が、ずらーと記述されます。

excelβ9

マクロのメリット

 icon-check-square-o 連続作業

マクロの最大の利点は、このような連続作業だと思います。

「はじめてのマクロ」という文字を、いちいち手作業でセルに打ち込んでいくのは大変です。
縦、横だったらドラッグできるけど、斜めにはできませんからね。

VBAでマクロを組むことにより、この程度の操作なら、一瞬で行うことが可能です。


 icon-check-square-o プロシージャ

マクロとは、Excelのようなアプリケーションで、自動で作業を行う機能(プログラム)のことですが、VBAではマクロのことをプロシージャといいます。
マクロとプロシージャは、ほとんど同じ意味と思っておいてください。

このブログでは、Subから始まりEnd Subで終わる構文のことを、プロシージャと呼ぶことにします。

Sub プロシージャ名()

‘プログラム

End Sub

このように、subプロシージャ名()からEnd Subの間に、プログラムを記述していきます。
これは、決まり事のようなものとして覚えておいてください。

プロシージャ名は、使えない記号やルールがありますが、基本的には何でもOKです。
なので、日本語でも問題ないですが、英語で書いた方が見栄えはいいかもしれません。


 icon-check-square-o 長期戦の予感

やはり、記事を書くのに時間がかかる&長い!

そりゃそうだ。
ExcelVBAをしっかり解説しようと思ったら、本一冊書けてしまう。

なので、数ページに分けて書きますね。
とても興味がある、と言ってくださった方のためにも頑張ります(笑)

デートで行きたい水族館ランキング2位「八景島シーパラダイス」

S__39690302

こんにちは。
金より銀、1位より2位が好きな☆お芋です。

もし、自分に子供ができたら、トップに立つような人間には育てません。
自由に動ける、それでいて権力も兼ね備えた、「2番手のポジション」を狙わせます。

そんな僕が、デートで行きたい水族館ランキング2位の「八景島シーパラダイス」に行ってきました。※ランク王国2013年調べ

まあ、1位は「沖縄美ら海水族館」なので、実質シーパラが1位みたいなもんですけどね!

お得なチケット「アクアリゾーツパス」

S__39690247

 icon-check-square-o 水族館4つの施設が楽しめる

リア充全開の画像だなあ(笑)
楽天ブログのときは、こんな記事を書いたことなかったけど。

トレーダーという殺し合いの螺旋を降りて、今は幸せにやってます…

水族館を楽しむなら、「アクアリゾーツパス」がおすすめです。

ぶっちゃけ、遊園地の方はたいしたアトラクションはないので、遊園地のパスはいらないかなあ?
すごい高さのフリーフォールは興味あるけど、絶叫好きの人は、単券を買えばいいと思います。

水族館だけで、十分すぎるほど楽しめますよ。

ドルフィンファンタジー

S__39690250

 icon-check-square-o イルカのアーチ

イルカはいいよねえ…
次に生まれ変わるとしたら、人間以外だったらシャチがいいです。 >イルカじゃねーのかよ!

アーチ状の水槽のなかを泳ぐイルカたちに、とっても癒されます♪

 icon-check-square-o 1リットルの涙

おじさん世代にとって、シーパラといえば、ドラマ「1リットルの涙」が印象的。

麻生くん(錦戸 亮)が亜也(天使だったころの沢尻エリカ)に、告白した場所でしたよね。

「俺、イルカじゃねーし」とか言って、ストラップ買ってあげてたシーンで、ボロボロ泣いた記憶が…

 icon-check-square-o マンボウ!

S__39690261

あまり可愛くない(笑)
でも、サービス精神がとっても旺盛で、近寄ってきてくれます♪

もんじゃアイス

S__39690303

 icon-check-square-o 八景島ウォーカーで話題

私が今日、食べたランチについては、誰もまったく興味がないようなので(笑)
今日、食べたデザートについて書きます。

八景島ウォーカーで話題になった、「もんじゃアイス」です。さっき、知りました。
普通に美味しそうだったので、食べました。普通に美味しかったです。

冷たい鉄板の上で、もんじゃ風にかき混ぜながら作ります。
味は、アイスですけどね。

「月島もんじゃアイス」というのが、本当にもんじゃっぽかったけど。
食べる勇気はなかったです。

写真ではわからないかもしれないけど、俺の手(右側)が妙に赤いのが気になるけど。

超でかかったです。
ボリューム満点でお腹いっぱいになりました。

アクアミュージアム

S__39690265

 icon-check-square-o イルカ・アシカショー

シーパラのメインです。
たくさんの生き物と、愉快なショーが見れます。

ショーは夢中になって、写メ撮るの忘れました。
画像はショーが終わったあとなので、少し寂しい(笑)

でも、クオリティーが高くて楽しいですよ!

 icon-check-square-o ペンギン

S__39690278

いいねえ、ペンギンは悩みがなさそうで。
次に生まれ変わるとしたら、なりたい動物ランキング72位くらいです。

 icon-check-square-o クラゲ

S__39690284 S__39690286

彼女がクラゲ大好きなんですよね。

確かに、水族館で見るクラゲは綺麗でいいかも。
海水浴場にいるクラゲは、超痛いけど…

この2枚の写真のクラゲも、とっても神秘的でよかったです。

 icon-check-square-o 熱帯魚

S__39690266

よく撮れてるなあ。
写真は全部、彼女に撮ってもらったものだけど、iphoneの方がXperiaよりも画質がいいかも。

俺もiphoneに変えたい、というかdoconoから他社に乗り換えたい。

いわしイリュージョン

S__39690275

 icon-check-square-o 魔法少女まどか☆マギカ

写真だと伝わらないかもしれないけど、
「いわしイリュージョン」というショーが、すっごい綺麗でした!

これだけでも、一見の価値ありです。

まどマギ(魔法少女まどか☆マギカ)の音楽に合わせて、
約5万匹のいわしが泳ぎます。

どうやって、いわしを操ってるのかすごい不思議。

あと、普通にまどマギとか言っちゃってるけど、
このブログを見てる、ほとんどの人は知らないよね(笑)

絵は萌えっぽいんだけど、内容はドロドロしてて面白い。
エヴァとか好きな人には、おすすめのアニメです。

魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

とにかく、デートコースに最適なシーパラ。
あっという間に時間が過ぎて、本当に楽しい休日でした♪