してしまった後悔としなかった後悔ではどちらが悔しいか

038423

【ケース1】
佐藤さんはS商事の株を保有している。
昨年、S商事の株を売ってM物産に乗り換えようか迷ったが、結局しなかった。

もしM物産に乗り換えていれば100万円得していた。

【ケース2】
鈴木さんはS商事の株を保有している。
昨年、M物産の株を売ってS商事に乗り換えたのだ。

もしM物産の株を売らなかったら100万円得していた。

してしまったことに対する後悔

トレーダーの方にとっては、よくある話でしょうけど。
多くの人は佐藤さんより、鈴木さんのケースのほうが悔しいと感じます。

佐藤さんがしなかったことを悔やんでいるのに対して、鈴木さんはしてしまったことに対して悔やんでいるからです。

人は機会損失よりも、実際に行動を起こして失敗してしまったときに、より大きなダメージを食らいます。

佐藤さんも鈴木さんも、100万円を儲けそこなったという結果は一緒ですが、積極的に行動した鈴木さんのほうが、精神的にこたえるのです。

現状維持バイアス

よほど今の状況が悪くなければ、人は現状維持を好みます。
これを行動経済学で現状維持バイアスといいます。

誰だって後悔をして、嫌な思いはしたくありません。
だから後悔を避けるために、状況を変えようとせずに現状を維持しようとするのです。

後悔回避

人はどうにかして後悔を避けようとします。

後悔の念が強い分、過去を美化し今の自分を責める傾向がある三井寿も同じです。

でも逆に、後悔はしたくない!という思いが強すぎると、誤った意思決定をもたらすこともあります。

今までの人生で最も後悔したこと

「20年たてば、したことよりもしなかったことを嘆くようになる」

小説家マーク・トウェイン

この名言にもあるように、人は短期的にはしたことを悔やみますが、長期的にはしなかったことを後悔するのです。

お年寄りの方に、「今までの人生で最も後悔したことは何ですか?」と尋ねると、たいていの人はしたかったのにしなかったことを挙げます。

あれだけ嫌いだった勉強も歳を取ると、「もっと勉強しておけばよかった」と思うようになります。

まだ初心だったあの頃、「勇気を出して告白すればよかった」と大人になってから思うものです。

後先考えずに思いつきで行動するのは好きではありませんが。
後悔するのを避けてばかりいないで、もう少し積極的に行動できるようになりたいものです。