キャピタルゲインとインカムゲインを両方狙うには?

配当利回りの高い銘柄を持ち続ければいい。
と、思います。たぶん…

昔、配当利回り高いの銘柄をずっと持ち続けたらどうなるか?という検証をしたんですが、結果はTOPIXをアウトパフォームすることがわかりました。

ラフな検証だったのでそんなに自信はありませんが、高配当銘柄は長期的にみればパフォーマンスは高いはずでしょう。

株価が安くなれば、さらに配当利回りがよくなるので、そこに魅力を感じる投資家があらわれるからです。
もちろん、減配というリスクもありますけど…

複利のパワー

僕らのような投機家(短期トレーダー)は、あまり株式配当に魅力は感じないかもしれません。

年に2%の配当利回りでは、資金効率がよくないからです。
これだけで喰っていくのは難しいでしょう。

でも、投資家にとっては年に2%の配当というのは十分な数字かもしれませんね。

複利のパワー

ご覧のように年2%の配当でも、36年間で倍になります。
これが年4%だったら?恐るべし複利のパワー…

プラス株主優待も入りますからね。
さらに上昇相場に乗れれば、桐谷広人さんのようにウハウハな思いができるでしょう。

マーケットリスク

じゃあ、配当利回りの高い銘柄をたくさん買えばいいじゃないか?
というと、そう単純にもいかないと思います。

まず、マーケットリスクが考えられます。
いくら高配当銘柄のパフォーマンスがよいとはいえ、市場全体が暴落すれば、その銘柄も下落してしまいます。

なのでより安全に運用するためには、TOPIX先物などでヘッジをする必要があります。

もちろん、銘柄も分散した方がいいでしょう。
資金量によりますが、できれば30銘柄くらいに分散したいところ。
逆にいえば、それ以上増やしてもあまり分散効果は変わりません。

また、ポートフォリオのバランス、銘柄間の相関も考えなければいけません。
いくら配当利回りがよいからといって、電力株ばかりを買っていたら、東北大震災のようなときに大ダメージを負ってしまいます。

時価総額や業種、PBRなどのバランスを考えながら、ポートフォリオを組んだ方がよいでしょう。

>具体的にはどうやって?
それを今から探しましょうという意図で、この記事を書いてるんです!

配当性向

会社があげた利益をどれだけ配当に回しているかを計る指標に、配当性向というものがあります。

配当性向=(1株配÷1株益)%

配当性向は平均45%とされていますが、これが低いからといって会社がケチというわけではありません。

配当に回さなかった分の利益を、事業拡大などに使うことで企業を成長させることができるからです。
企業が成長して業績がよくなれば、必然的に株価も上昇していきます。

いつの時代も投資家は強欲なので、高配当を受け取りながら、株価上昇による利ザヤも得たいと考えます。

しかし、キャピタルゲインは水物的なものでもありますので、配当性向が高く、財務実態が良好な銘柄を探す努力をすれば、キャピタルゲインとインカムゲインの両方を狙えるんじゃないでしょうか。

人気優待銘柄

103193

配当だけでなく、株主優待も投資家にとっては大きな楽しみですよね。
僕は優待って取ったことないけど、確かに魅力的な優待はあります。

人気優待銘柄の動向などは、夕凪さんの日記に詳しく書かれてるでしょうから、こちらもあわせて勉強していきたいと思います。

トレード結果

ふう、連敗しないでよかった。
エクセルファイルを開くのがドキドキですよ。

っていうか、こんなハートで上記の記事のような運用ができるのだろうか…
種1000万くらいの長期投資をしたら、けっこう怖いと思うよ。たぶん、きっと、絶対に。

某インデックスファンドなんて組み入れ銘柄が1000以上だもんなあ。
それでもトラッキングエラー(ベンチマークとポートフォリオの乖離)が出てしまう。

そうすると零細投資家の組んだポートフォリオなんて…

今日の収支 28730円

レーティング(信用格付け)でどうして株価が動くの?

「またレーテ詐欺にやられたよ!」
なんて、昔はよく大騒ぎしていました。

でも、レーティングでどうして株価が動くのか?
そもそも、レーティングってどうやって決められているの?

という疑問を、勉強してみましたよ。

テクニカル的な分析以外での、僕の株の知識はこんなもんです…

債務の返済能力

099772

会社がよりよい活動を行うために、不特定多数の投資家から資金を集めることがあります。
このとき発行される有価証券が債券です。

債権は債権者が債務者に一定の行為(たとえば貸したお金を返してもらう)を請求する権利で、それを形にしたものが債券です。

よーするに、ひらたくいうと。

会社に資金が必要になったので、「お金を貸してくれ」と投資家などに頼みます。
お金を貸した投資家、つまり債権者は会社(債務者)に「お金を返してくれ」と請求する権利があります。
これを形にしたものが債券です。

債券が普通の借金と違うのは、債券は株券のように売り買いができることです。

こんな感じの説明であってますかね。
もし間違いがあれば、コメント欄でご指摘お願いします。

この債券を債務不履行に陥らず償還できるか、つまりきちんと債務を返済することができるか?
この返済能力を表すのがレーティング(信用格付け)です。

格付け会社

レーティングは格付け会社によって行われます。
以下は日本で格付け業務を行っている主要4社です。

・スタンダード&プアーズ
・ムーディーズ
・日本格付研究所
・格付投資情報センター

ムーディーズしか知りませんでしたよ…
レーティングを気にして売買をしたことはあまりないですからねえ。

格付けの表現方法は会社によって変わりますが、おおむねAAAが最高とされ、D(デェフォルト)、SD(破綻)までの格付けを行っています。
一般的には、C以下に格付けされた企業は危ないといわれています。

では、この格付けはどのようにして決められるのでしょうか?

複数のアナリストにより精査されますが、結局のところは格付け会社の主観的な判断です。

なので、低い格付けをされた企業は「なんでうちの会社の評価が低いんだ?」と、反論してくることもあるそうです。

格付けが低いと経営者にとっては不名誉であり、投資家からの評価も下がり、間接的に株価の下落を招いてしまいます。

逆に格付けが高い会社は、財務実態が良好と見られ、株価も上昇します。

レーティングはあくまでも債務返済能力を評価するだけのものであって、直接的に企業の業績をはかるものではありませんが、上記のような理由から株価に大きな影響を与えます。

レーティングをトレードに生かすには?

どうすればいいんでしょうねえ。

過去のレーティングの上げ下げがわかれば検証はできるけど、トレーダーズウェブのバックナンバーに載ってるかな?

有料でもよければ、データは集められるはず。
ただし、検証する価値があるかどうかは疑問です。

格付け会社の主観的な判断によって決められる、ってところに付け入る隙はありそうですけどね。
時間とデータがあれば、検証してみたいと思います。

トレード結果

負けちゃった(涙
調子がいいなあ、って感じ始めたころが危険ですね。

これでも、今年の収支は上出来な方なので、何度も言ってるけど一刻も早く他の収入源を確保しないと。

アフィリエイトで月30万円でも稼げれば、気持ちはだいぶラクになるけど、それには月に200時間は費やさないと無理ですからね。
しかもダラダラやる200時間ではなく、真剣にやる200時間。

逆にいえば、真剣に200時間費やせれば、それなりに稼げるってことなんだけど。
言うは易し行うは…

今日の収支 ▼29800円(コスト前)

倒産株などの悪材料を掴まないためには?【株主持分】

企業の財務体質はしっかり見ておきましょう。
ということですかね。

僕が新興市場を主戦場としてトレードしていたときは、オーバーナイト(持越し)をした株は、つねに倒産することを覚悟していました。

いきなりの民事再生法申請ということは少なかったですが、びっくりするくらいの大幅下方修正はしょっちゅうでしたしね。

上場廃止はライブドアで喰らいましたよ。
ええ、それなりに…

倒産リスク

099814

社員は悪くありません。社長の私が悪いんです。

僕の叔父も山一証券に勤めていましたけど、もちろん倒産のことは知りませんでした。
このような不測の事態は避けられないとしても、企業の財務体質を把握しておくことで、倒産株を掴む確率はかなり低くなるはずです。

いわゆるボロ株といわれる銘柄や、管理・整理ポストに入れられている銘柄を好むトレーダーもいるようですが、デイトレと割り切って売買する分には問題ないでしょうが、オーバーナイトを絡めるのはかなり危険な行為だと思われます。

大きなリターンを得られる確率が高いなら別ですけどね。
大抵の場合、ハイリスクノーリターンで終わることが多いようです。

僕は今は、東証一部の大型株しか売買していませんし、少しでも怪しい動きをしている銘柄は監視から外すようにしています。

ただ、昨日の記事でも少しふれたように、今後はもう少し時間軸の長い売買。
ファンダメンタル分析でトレードをしたいと思ってるので、売買対象とする銘柄をもっと増やすつもりです。

債務超過は避ける

財務体質が健全な企業は、四季報のどこを見ればいいのでしょうか?

■株主持分(かぶぬしもちぶん)
株主(投資家)が会社の資産に対して持っている請求権のこと。

つまり株主持分に▲がついている銘柄は、会社が解散しても価値がないということになります。
このような状態を債務超過といい、倒産や上場廃止のリスクが高まります。

赤字が前期に繰り越した利益を上回ると、繰越損失となります。
繰越損失が出ている場合は、配当も出ず、赤字の状態が続けば債務超過に陥ります。

また、利益剰余金や営業CF(キャッシュフロー)がマイナスの銘柄も避けたほうがいいようです。

たとえばPBRが極端に低い銘柄や、テクニカル的にも割安に見える銘柄。
そういった銘柄のなかには、倒産候補群がひそんでいるかもしれません。

わざわざ危ない橋を渡らずとも、健全な株を売買すれば、最終的に得られるリターンも大きくなるはずなので、四季報をしっかり読んで勉強したいと思います。

トレード結果

ダイエット頑張ってますよー
開始から▼2キロ弱。今は70キロの攻防です。

お米とパンはほとんど食べず、炭水化物は主にじゃがいもから摂取しているんだけど、おならがすごい出るw

ぷぅぷぅぷぅ恥ずかしいよ…

今日の収支 26700円

株価が動く要因【ファンダメンタル分析】

芋ほり日記は、いちおうトレードブログなので、これからはなるべく株に関することを書いていこうと思います。

おっさんのダイエット日記に興味がある人は少ないでしょうからね(笑

ファンダメンタル分析

109014

デイトレーダーなど、短期トレーダーにはファンダメンタルをまったく知らない人も多いでしょう。
僕もずっとファンダメンタルのことを勉強しないでやってきました。

ファンダメンタルを知らないでも、素晴らしいパフォーマンスを上げてるトレーダーはたくさんいます。
板読みが上手なスキャルパーなどは、あまりファンダメンタルを気にする必要はないですしね。

それに対して、ファンダメンタルを有効活用しているトレーダーもいるようです。
業績や財務体質をしっかり調べて、テーマやトレンドに乗っていく。

こういう方はテクニカル的なトレードをする方に比べて、トレードの時間軸も長いようです。

僕はもともと瞬発的な判断や決断が苦手なので、ゆったりできるトレードが好きです。
ですが、スイングトレードのように時間軸の長いトレードは、パフォーマンスが荒れるので避けていました。

でもそれは、リスク管理がまったくできてなかった頃の話です。
ただ単に、移動平均から大きくかい離している銘柄を買い下がっていた頃です。

あの頃の俺とは違う!
ということで最近、四季報の見方のお勉強をしています。

備忘録の意味も兼ねて、それをこのブログにアウトプットしていこうと思います。

株価を動かす主な要因

様々な要因があり、明確な解はないかもしれませんが、一般的には次のようなものがいわれています。

■業績、財務
四半期ごとに行われる決算、上方(下方)修正。
総資産や有利子負債などの財務体質。

健全な財務体質で、好業績を上げている銘柄は株価も上昇する。

■テーマ、トレンド
今だったら、インフルエンザ関連株など。
話題性の高い銘柄は、投資家の関心も高い。

また、それまで不調だった業種が反転するときは、その業種を牽引するリーダー株が買われる傾向にあるらしい。
総合商社であれば、三菱商事(8058)とかですかね?

■指数入れ替え、株式分割
日経平均やMSCIに組み入れが決まった銘柄は上昇し、除外される銘柄は下落する。

また、株式分割など一時的な需要の変化により、株価が上昇することもあります。
僕がトレードを始めたころは、株式分割が発表された銘柄はほぼストップ高をつけていましたねえ。今は亡きライブドア…

■買収、合併
M&Aによって株価は大きく変動する。
特に、買われる側は数倍になることも?

僕は恩恵にあやかったことはないですけどね。
一時的に株価に歪みが生じ、リターンを得る機会もありそうです。

■外部的要因
ダウ工業平均や為替、金利や円高など。

数値化しやすいので、いわゆるファクターモデルが作りやすい。
多くのシステムトレーダーが、外部要因の分析に時間を費やしていると思います。もちろん僕も。

投資家心理
さまざまなアノマリーを生み出す原因になる。

投資家心理といっても一概にはいえませんが、自分を知るという意味でも、行動経済学は勉強して損はないと思います。

今日は以上です。
この中の業績、財務データを使って、何とかトレードで勝てないか?と研究中です。

トレード結果

セプテーニ主催のアフィリエイトセミナーに参加してきました。

アフィリエイト協議会の笠井さんという方が講師をしてくださったのですが、とてもわかりやすく、また良心的なセミナーでした。

グレーゾーンなことをしないでも、正攻法でもアフィエイトで稼いでいくことは可能だと感じました。

もちろんそれなりの労力は必要ですが、月30万円以上稼ぐアフィリエイターの平均労働時間は一日6時間強らしいです。

簡単ではないが、できなくもないという感じかな?
消えかけていたモチベーションが、少し高まりました。

でも、トレードの方に労力は注力しますけどね!

今日の収支 44600円

Yahooファイナンスから時系列データを取得【TDタグからデータを抜く】

Webクエリを使わない方法

先日、Yahooファイナンスの時系列テーブルに変更がありましたよね?

20150113

以前は1ページに50営業日分が表示されていたはずですが、20営業日分までしか表示されなくなったようです。

この変更が不便になった人は少ないと思いますが、僕には不便になってしまいました。
時系列データを取得する際に、僕はWebクエリを使うことが多いので、処理速度も遅くなってしまいます。

なので、今日はWebクリエを使わずに、TDタグの中身を直接抜き出してみようと思います。

時系列データ取得マクロ

まずは、コードを載せますね。

Sub Get_TagTD()

‘お約束
Dim objIE As Object
Set objIE = CreateObject(“InternetExplorer.application”)
objIE.Visible = True

‘変数の宣言
Dim n As Integer
Dim x As Integer, y As Integer

‘TDを抜き出す
Cells.Delete

Cells(1, “A”) = “n(番目)”
Cells(1, “B”) = “InnerTEXT”

objIE.Navigate “http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/history/?code=8411.T”
IE_Complete objIE

Dim objTD As Object
Set objTD = objIE.document.all.tags(“TD”)

For n = 0 To objTD.Length – 1

Cells(n + 2, “A”) = n
Cells(n + 2, “B”) = objTD(n).InnerTEXT

Next n

‘列の幅を整える
Columns(“B:B”).ColumnWidth = 18.13

‘IEを閉じる
Set objTD = Nothing

objIE.Quit
Set objIE = Nothing

‘時系列データの整理
Cells(4, “D”) = “日付”
Cells(4, “E”) = “始値”
Cells(4, “F”) = “高値”
Cells(4, “G”) = “安値”
Cells(4, “H”) = “終値”
Cells(4, “I”) = “出来高”
Cells(4, “J”) = “微調整終値”

For y = 1 To 20
For x = 1 To 7

Cells(y + 4, x + 3) = Cells(x + y * 7 – 3, “B”)

Next x
Next y

‘列の幅を整える
Columns(“D:J”).EntireColumn.AutoFit

End Sub

‘IEが表示されるまで待つ
Public Sub IE_Complete(ByVal objIE As Object)

Do While objIE.Busy = True
DoEvents
Loop
Do While objIE.document.readyState <> “complete”
DoEvents
Loop

End Sub

例によって、三流君さんのサイトを参考に作りました。

なので、僕の解説を見るよりも、三流君さんのサイトを見た方がためになります。
ここでの解説は僕のメモ書き、備忘録代わりです。

コードの解説

18行目 objIE.Navigateで、みずほ(8411)の時系列データのページに飛びます。

冒頭で時系列データのページの画像を張りましたが、ソースの中身は以下のような感じです。

2015011303

<TD>中に、時系列データが入っていますね。
この中身をすべて抜いてみます。

21行目でテーブルオブジェクトを格納するObjTDを宣言します。
24行目からForループで、TDタグの数の分回します。

objTD.Lengthからなぜ―1するのか、忘れちゃいました…
知りたい方は、三流君さんのところで解説してあったと思います。

列Aに何番目か、列Bにテキストの中身を出力します。
27行目でobjTD(n).InnerTEXTと、objTD(n)が配列として使われているのにも違和感を感じますが、僕はよくわかってないのでこういうもんだと割り切って使ってます。

出力した結果がこんな感じです。

2014011301

B列にTDタグの中身を吐き出しました。
見ると、5行目の日付からが時系列テーブルです。

日付、始値、高値、安値、終値、出来高、微調整終値の順番でデータが入っているようです。

僕は微調整終値が便利だから、Yahooファイナンスからデータを取得することが多いです。
株式分割があると、面倒くさいんだもん…

そして40行~58行で、データを綺麗にまとめた結果が以下になります。

2015011302

こんな感じで時系列データを取得できました。
次回はもっと長い期間を取得するマクロを公開しようと思います。

メモ書き

■<TD>とは
Table Dataの略

セルの内容が「データ」となるデータセルを作成。
セルの内容が「見出し」の場合には~を使用。

■TDのタグを抜く
Dim objTD As Object
Set objTD = objIE.document.all.tags(“TD”)

テーブルオブジェクトを格納するobjTDを宣言
objIEがdocumentを持っていて、その.allのタグのグループのTDを返す
objTDにタグの集合が入る

※メモ
Public SubとPrivate Subの違い

Publicはすべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ
Privateは同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ
省略した場合、SubはPublic Subとして扱われる

トレード結果

もう少し勝てたかな?
という、勝ちきれなかった感はあったけど。

今日の収支 28850円

三連敗を防げてよかったです♪

トロッコ問題のアンケートに回答してくれた方、ご協力ありがとうございました。

予想通り、ケース2で男を突き飛ばすのは間違いだという方がほとんどでした。
実際に行われた調査でも、85%の人があのケースでは男を突き飛ばすべきではないと回答しているようです。

また、興味深い問題があったらご協力のほどをよろしくお願いします。