2016年9月20日(火)

2016年9月20日(火)テレビで弁護士の北村先生がGPIFの損失について、「これは実際に損したわけじゃなくて評価損だから大丈夫」ってなことを仰ってたんですけど。
塩漬けホルダーと同じ理論ですね…

ラジオ日経なんかを聞いてても「現物株だから売らなくても大丈夫」と言ってる人がいまだにたくさんいるんだよなあ。

トレード結果

今日、ふと気づいたんだけど。
見切り発車で始めたスイングトレード。権利落ち日はどうしましょ?w

配当調整金ってもらえるまでに時間かかるんでしたよね、たしか。
売り玉はどうなるんだろ?

そんなに大きく建ててるわけじゃないからこのままホールドするけど、本格的にやりだしたらちゃんと検証しないとですね。

今日の収支 17,540円

「2016年9月20日(火)」への4件のフィードバック

  1. 「売らなきゃ損失は確定しないんだ!!」は
    「やめなきゃギャンブルは負けない!!(取り返せるかもしれないので)」と似てますね

    信用で売り買いして権利付き日をまたぐと
    買いは3か月くらいして配当調整金もらう
    売りは3ヶ月くらいして配当調整金しはらう
    感じだったと思いますよ

    1. >くまそさん
      コメントありがとうございます^^
      行動経済学でいう損失の先送りってヤツですよねえ。気持ちはわからなくはないのだけれども。。

      3カ月は長いですね。
      今は売りポジの方が多いので、資金が拘束されて不利になるってことはないのですが、無難にポジションは閉じることにしました。

  2. 信用でポジションもったまま権利日またぐと、名義書き換え料取られたりでめんどくさいですよね
    信用買い建て玉を現引きしようとするとSMBC日興証券では手数料が高くなってしまうので難しいところなんでしょうか?

    1. >1さん
      コメントありがとうございます^^
      そっか、名義書換料なんてものもありましたねえ。
      SMBC日興証券の現物手数料と比較すると、現引きしない方がよさそうではあります。

      なにぶん今まで優待や配当を貰ったことがなかったので。
      事前にちゃんと調べておかなきゃダメですねえ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。