上げ相場に弱い戦略?【黒田バズーカ―の影響】

上げ相場に弱い戦略?【黒田バズーカ―の影響】アベノミクスで運用停止⇒市場から撤退。

一年半の休暇を経て、再び参入。
まったりとやっていたら、黒田バズーカ―でまた戦略崩壊…

上げ相場に弱い戦略なのか?
だったら、ロングポジションを常に多く持っておいて、戦略を運用すればいいんじゃないか?

と、2年前くらいに死ぬほど考えたなあ…
そして、答えは出なかったんだけど。

黒田バズーカーが打たれるまでは、戦略は好調だった。
そりゃピーク時に比べたら物足りないけど、それはボラが少ないだけで、トレードの勝率は良好。
リバーサルが効きまくってる感じだった。

でも、黒田バズーカ―以降、なんだか雲行きが徐々に怪しくなって、一進一退の攻防を繰り返して。
今日、大被弾。

どれか一銘柄で大きく喰らったというわけではなく、まんべんなくやられた。
負け金額もだけど、内容も最低。

たらればすら出ないw
まあ、しいて言うならば休めばよかったらればですね。

今回は黒田バズーカ―というわかりやすい触媒があったんだから、その後に雲行きが怪しくなった時点で運用を停止すべきだったか?
って、そんなのわからんよねえ…

当面、株高・円安の傾向は続くんだろうか?
たぶん、続くんでしょうね。じゃあ買えばって話だよなあ。

はあ、やっぱりトレードはわからん…

下の図の損益曲線だけを見ると、とりあえずここから上向くのは難しそうかな。

今日の収支 ▼64250円

20141125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。