損切りをする/しない矛盾

損切りをする/しない矛盾

損切りは必要か?

土屋さんが以前に、損切りはしない方がいいというような記事を書いて、大きな反響があったのを覚えてます。

僕には、到底あんな高度な記事は書けませんが、今日は損切りについて少し語ってみようかと。

トレードの入門書には、しつこいくらいに損切りをしろ、損切りは大事だって書かれていますよね。

でも僕なりに言い直すと、大切なのは株を塩漬けにして資金を凍結させてしまうのが問題であって、損失の出ている株を決済するのが必ずしも正しいとは限らないって感じですかね。

僕は株を始めた直後から、損切りはすんなり行えました。
というか、損切りをしているという感覚は全くなかったです。

それは元パチプロだったから多少は期待値思考ができていたことと、トレードスタイルが順張りだったからだと思います。

僕が最初に好んでいた手法はブレイクアウト。
ある抵抗線を価格が抜けそう/抜けたときに、即座に買います。

で、首尾よく株価が上がってくれたらそのままホールド。
勢いがなくなって、もうこれ以上は上がらないかな?と思ったとこで決済します。

結果的には、これは利確(利益確定)です。
でも、これが利確だなんて思ってやってるわけじゃなかったです。

逆に、ブレイクアウトが不発に終わったとき。
これはもう、仕掛けたトレードがダメだったんだから、負けを認めて即座に決済します。

当然、そのときは損失が出ているので結果的に損切りをした、ということになるんでしょう。

今、こう書いてて改めて頭の中で整理できてきましたけど。
ブレイクアウト戦略は、株価が抵抗線を抜けて勢いがつく、という事象に賭けているので、勢いがなかったら決済をすべきです。

その結果が、損失というだけの話。
別に損切りという行為を意識して行ったわけじゃありません。

一番ナンセンスなのが、買値から10%下がったら損切りとかいうルール。

市場は自分を中心には回ってくれないので、自分の買値を基準にすることには何の意味もありませんからね。
もちろん、リスク管理という意味でも適切ではありません。

あと、逆張りスタイルの人に多いのが。

上昇相場で乗り遅れてしまったとき。
もうね、高値掴みするのだけは絶対に嫌だ!ってなります。僕も同じくw

で、ついつい空売りしちゃうんですよね。
んで、直近の高値にストップを置いたりします。

これはすごい矛盾する行為で、新規買いはダメなのに返済買いはOKってことになっちゃいますよね。

買い戻すということは、価格がもっと上昇するってことなんだから、どでん買いするのが正解でしょ。
って、ここまでいうと極論だけど。

まあ、ようするに意味のない損切りは不必要ってことですね。
なんだ、この駄文w

最低500文字は書かないと、ってやるとやっぱり記事の質が悪くなるなあ…

トレード結果

やや劣勢の一進一退は続く…
白黒白黒白ってオセロみたい。

今日勝ったから、明日は負けだから休もう♪
って、できたらラクなんだけどなあ…

今日の収支 22550円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。