見える傷【強迫観念】

見える傷【強迫観念】実際に存在する、見える傷や汚れが気になる場合はどうすればいいんだ?

DSC_0319

拡大すると、ひっかき傷があります。

DSC_03191-1024x576

確かに傷が存在する。

じゃあ、この傷のせいで何か悪いことが起こるのか?
例えば、この傷からサビが広がってトレイが壊れてしまうとか。
といえば、そういうことは思わない。

ただ単に気になるだけ。
とても目障り。

それより気になるのが、というかこの傷がきっかけで気になりだしたのが。
左側のネジが緩い。
何度も締めすぎて、山がバカになってしまった。ネジ穴も緩くなってしまった。
おかげで、グラグラする。

グラグラするといっても、支障があるほどグラグラするわけではない。
たぶん、自分以外は気が付かないほどのグラグラ。

でも、このグラグラのせいで”タイピングがしにくい気がする。”

肩こりが悪化して、腱鞘炎にでもなったらどうしよう?
という不安はよぎる。

トレイを自然に引き出すと、左右対称じゃない。
ベアリングの部分が、上手く作動してないみたい。

今日、潤滑油を塗ったけど、おかげで”部屋に油が飛び散った気がする。”

これは、気がするだけで、実際に油は見えない。臭いもしない。
でも、探せば油がある気がする。
これを書いていたら、少し胸がすーとしてきた。

ペンチも油で汚れてしまった。
何度も洗った。でも、そのおかげでペンチが錆びるんじゃないかと心配になった。

>消耗品だと思えば、また買えばいいんじゃないか。
確かにそうだけど、キリがない。

やっぱり少し右に傾いてる気がする。
この姿勢でタイピングをしていたら、骨が曲がってしまいそうな気がする。
だから、このパソコンは使いたくない。

というか、このトレイが気にならなくなっても、次はどうせ他のことが気になるんだろう。

そう思うと、苦しい。
胸がまたもやもやしてきた。

こんなどうでもいいことに時間を費やすのがもったいないのに、気になって仕方ない。

最初に発症したのが(自覚したのが)、高校生のとき。
それから治すのに(気にならなくなるのに)、10年以上かかった。

強迫性障害は、10代、20代が多いと聞く。
この歳で、再度気になるようになるのはショックだ。

でも、病院に行くほどではない、と思う。

この部屋から去りたい。
でも、この部屋からいなくなると、確認ができなくなる。

確認しないと気になって仕方がない。
頭の中で想像して、確認する。

儀式のようなものは、もうほとんどしなくなった。
昔は、上着を床におけなかった。椅子にかけることもできなかった。
だから、ハンガーのない店に行くのがすごい嫌だった。

ハンガーがない場合は、暑くても脱がないか、椅子のうえなどにきちんとたたんで置いていた。

ただ、理解のない人には、当然変な顔で見られた。
また、そうできない関係の人だと、上着を床におくしかないのだが、気になって気になって会話もロクにできなかった。

今はそうじゃないけど、またそうなるんじゃないか?と不安に思った。
やっぱり肘が痛い気がする。

改善したい。
認知療法を勉強します。

以上、頭に浮かんだことをずらーと書いてみたが。
”気がする”というだけのことがほとんどだ。

実際に存在するのは傷だけ。
あとは”気がするだけ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。