【確率・統計学】うちにはそんなに貯蓄はない!平均と中央値の違い

【確率・統計学】うちにはそんなに貯蓄はない!平均と中央値の違い

平均貯蓄額と中央値

051216-659x1024

 icon-check-square-o 二人以上の家庭の平均貯蓄額

2013年の調査によると、二人以上の家庭の平均貯蓄額は約1100万円だそうです。

えー!うちはそんなに貯金ないよ?
と、心配になった方も多いでしょう。あっ、でもこのブログの読者はトレーダーが多いだろうから、お金持ちも多そうだな…

それでも、平均以上。貯蓄額が1100万円以上ある方は、半分以上もいないでしょう。
実際に貯蓄額が1100万円以上の方は、3割程度しかいません。つまり7割の方はそんなに貯金はないのです。

平均以下が7割なの?5割じゃないの?と思ったあなた。
ありがとうございます。最後までこの記事を読んでいただければ、少しはお役にたてるはずです。


 icon-check-square-o 平均の求め方

大学生レベルになってしまうので、詳しい説明は割愛しますが、平均にもいくつかの種類があります。

ふつう平均といったら相加平均のことをいうので、ここでも平均=相加平均として扱います。

平均の求め方は、なんとなくはわかりますよね?
そう、合計を個数で割ったものです。

平均=総和÷個数n

具体例を一つ示しましょうか。

【例】
ボーリングを5G投げたときのスコア

ボーリングスコア

計算式:(128+147+161+118+138)/5=138.4


 icon-check-square-o 平均の問題点

異常値が含まれていると、それに平均が引きずられてしまうということです。
これも具体例を用いた方が説明しやすそうですね。

【例】
5人の平均年収

平均年収

ビルゲッツさんのような異常値があると、総和が大きくなるので平均も高くなってしまいます。
5人の平均年収を9億400万円と考えるのは、おかしいですもんね。

この場合は、平均ではなく中央値で考えた方がいいです。


 icon-check-square-o 中央値とは

データが奇数個の場合、下から(上から)数えてちょうど真ん中に位置する値です。
先ほどの例の場合は、5人中3番目、500万円(Bさん)が中央値になります。

データが偶数個の場合、真ん中に近い二つの値の平均です。

【例】
22,58,11,24

中央値=(22+24)÷2=23

中央値は平均と違い、異常値に引きずられません。
なので比較をするときは、中央値を使った方が現実的かもしれませんね。


 icon-check-square-o 平均貯蓄額がやけに高い理由

もうおわかりでしょうか?
平均貯蓄額が思いのほか高く感じるのは、一部のお金持ちによって平均が引き上げられているからです、羨ましい。

実際に冒頭の調査だと、中央値は330万円で平均と大きな差があります。

これで安心したでしょうか。
もし、これでもうちにはそんなに貯蓄はない!という人は頑張ってください、はい私も頑張ります。


 icon-check-square-o 苦手な確率・統計

サンプルが少なすぎてアテにならないとはいえ、アンケートでは確率・統計学が一番興味があるという結果になっているので、今日はそのことについて記事を書きました。

ちなみに、このブログのメインコンテンツを行動経済学、Excel、確率・統計学の3つのどれにするかで迷っていますが、その中で一番知識がないのが確率・統計学です。

うーん、私の知識は高校生レベルくらいかな?
少なくとも大学生レベルの知識はないのは確かです。

それでもトレードは十分勝てると思いますけどね。
このブログを見てる中学生レベルの方は、ぜひ私の記事を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。